『すごい、ただただ・・・凄いとしか言葉が出てこない』。。。
いくらなんでもここまでいっちゃう?・・・すごい、凄いとしか言えない。
まさかのまさか・・・あの真由美~がこのタイムで走っちゃうとは誰も思わんかったはず~。
奇跡の奇跡だぜ~・・いぇ~ぃ。

120927_1926~01
1000m・7分18秒・・・でも私の時計では7分16秒、これが正確なタイムだと思う。

お兄ちゃんと相談して今日は初めての1000mトライアル・・・8分でいけるのか?!・・いけないのか?!。
いやー、かなり頑張らんと厳しいな・・それが本人と私の正直な気持ち。
でも、とにかく最後まで頑張ろうとスタートしたわけさー。

まずは500m1周をゆっくりゆっくりアップ・・体が動けるように準備。
休憩とストレッチをはさみ・・いざ、スタートだ。
どこまでいけるのか・・全く見当が付かない。。
でも尚巴志・ナハマラソン完走には8分が必要・・いけるのか?。
ホント、たった1秒でもいい・・7分59秒で走れたらすんばらしいね~。

じゃーいくよ・・は~ぃと真由美~。。
まずは真由美~に任せてと50mほど行って・・・おぃおぃ、ちょっと速いよ・・と引きとめ。
120m辺りで時計をチェック、おっいいじゃん・・・これは4分きっていけるかも。
呼吸もそんなに上がっていません。
250m通過・・いいじゃん、これは確実に4分切れるぞ。
1周目・500m通過・・・3分45秒、おぉぉぉぉぉーーー素晴らしい。
想定外のペース3分45秒だ・・・あははっはあ、やる~コイツ。。
いままで1周のベストが3分42秒だった、しかも1周だけのタイム。
呼吸はまだまだ余裕あり・・・きつければもっと息が上がるはずだ。
『いいタイム・3分45秒このままで行くよ』と声をかける・・『はぃっ』と真由美~。。
これで今日の目標は達成できる・・大きな進歩、尚巴志の完走も見えてきたぞ。
徐々に呼吸は上がっているけど、これを超えれば大きな自信になる。
ラスト250m・・・ここからが出番でーす、ここから落とさずにどう走らせるかだ。
このままでも十分に8分は切れるのでペースは上げさせずに気持ちで押していく。。
ここからが我慢だよ・これを頑張れば尚巴志も完走できるよ・・腕振って~・・気持ちを前に・前に~。
ラスト100m・・もう少し・あと少し・・頑張れ・頑張れ。。

で、タイムトライアル終了・・・なっ、なんと、8分を大きくきって『7分16秒』でした。
すげーーーーー・・すげーーーー・・すげーーーーとしか言葉が出てこない。
あの真由美~が・・・あははっははは。
先週まで1周5分ペースのあの真由美~が・・・7分台で走りよった、しかも16秒。。
あとひと頑張りすれば6分台に突入だぜ・・奇跡だ・・・あははっはあは。
頑張った・粘りきった真由美~の後ろ姿見る?!・・・見せちゃうよ。
120927_1927~01
あははははは・・後ろ姿でピース思わず笑ってしまった。
顔はね・・きれいな顔立ち・・これは間違いなく美人、デージ笑やー・・笑顔満タンだよ。
そのうち顔出しするはずよ・・痩せて綺麗になったら見せるさーねー・・待っててよ。。

でも、凄いな・・ただただ凄いな・・・やったね、嬉しいね。
一緒に顔晴り甲斐があるよ・・・『ありがとう~、真由美~』。。
自分は走れんけど楽しいさー・・・これも教室があるおかげ、お兄ちゃんのおかげ・神のおかげ・・
ありがとうございます

茂木ちゃんが、里美ちゃんはマラソン完走請負人だからと言っていたけど、
走る本人が頑張らんと伴走大好きな私でもどーにもならんよ~。
今をしっかりと練習積んで・・まずは尚巴志で完走・・9分ペースで頑張るよ。
ナハマラソンはそれが終わってから考えようね~。。

じゃっ、次回は明日マラソン教室でね・・・顔晴ろうね~。。



スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©   あの空のむこうに。。。. all rights reserved.