『米軍上陸・集団自決・・・そして軍命令はあったのか』。。。
あごの浦 座間味000

先日、私はここに左側の写真をアップしました。
私の原点・・・座間味島だと。。。

それを見たブログ仲間から・・・
驚きの中にも嬉しさと胸が締め付けられる思いがした・・・とコメントが来ました。。

それはこの平和でのどかなこの島で沖縄戦で何が有ったかを知っているから。。
胸が締め付けられる思い・聞きたい事がたくさんある・・・となれば集団自決。。
それしかないでしょう・・・何が聞たいのか、私は待っていました。。

今日はその方の承諾を得て私が聞いた事・私が見た事を書いていきたいと思います。
沖縄は日本です・・・私達沖縄県民は日本国民です。。
ただ、教科書検定問題にしても沖縄戦にしても遠いところで起こった不幸な出来事。
沖縄県と日本本土では大きな温度差が有るのは事実です。
果たして、ここで検定問題を、11万の県民が集まり何に対して抗議を行ったのか・・・
知ってる方がいらっしゃるでしょうか。。。
いえ・・・いますね。。。私が知ってる限りお一人は。。。

その方が聞きたいのは4つ。。。

先ず、米軍上陸はあったのか。。。
はい、1945年3月26日・・・確かに米軍上陸はありました。
うちの母は当時小学2年生で学校の裏山を登って急いで
父・母が待つ自宅へ帰っていったという話をしていました。
上空では米軍機が何機も飛んでいてそれはもう凄い爆音だったと聞いています。
私の娘は今小学2年生・・・こんな小さな子があんな恐ろしい体験を強いられるとは。。。。
その上陸の事実を残すために私が小学高学年の頃、碑が建てられました。
それは今でも島の入り口に立っています。。
島を訪れる方々の目に留まるようにと。。。

2つ目は、集団自決はあったのか。。。
集団自決はありました・・・村三役と家族・島民173名が尊い命を絶ちました。
そこの場所にもまた小さく碑が建てられています。。
家族全員が無くなった家・・・
自分の手で可愛い子供の命を絶ち、自分は死ねず生き残ったもの。。
それでも生きて行かなければならない現実。。
それは死ぬまで生き地獄以外の何ものでも無い。。。。

私が知ってる方でこんな方がいました。
そのおばあさんはいつも首に白い布を巻いていました。
声はいつもか細く、どこか空気が抜けた感じ。。
大人になって初めてわかったことですが・・・
この方は夫が子供達を手にかけ、その夫に喉を鎌で斬りつけられた方でした。
その後、おばあさんは夫が無くなるまでとうとう子供達の命を絶ってしまった夫を、一生許すことが出来なかったようです。。

また、これは生存者の証言ですが・・・
この方のお兄さんは当時助役で妻子と共に命を絶ちました。
子供達に綺麗な着物を着せ、それを子供達は何も知らずに喜び・はしゃぎ回る。。。
父親はそんな様子を見ながら何度も何度も『大きくなった姿を見て上げられなくてごめんね、ごめんね』と言いながら泣いていたそうです。
どんな気持ちで家族と自分の命を絶って逝ったのか・・・。

さて、この集団自決について軍命令はあったのかと言うことですが・・
それは私にはわかりません・・そこに私はいなかったから。。
でも、生存者の話が真実なら・・命令はあったのだと思います。。

岩波・大江裁判・・・ご存知ですか?
軍命令はあったと書いた本の書き手と出版会社を相手に・・・名誉を傷つけられたと
当時の隊長ともうひとりの隊長の遺族が命令は無かったと・・訴えを起こしました。
その根拠となっているのが当時看護婦的役割をしていた宮城初枝さんの証言です。
ただ、この方の証言にも二転三転としたとこがあるのも事実です。
この宮城さんの娘・晴美さんが書いた初枝さんの体験記・・・母が遺したもの。。
それを読んで私はただ・・・呆然となり自分の目を疑いました。

「私が村長らと隊長の元に行ったときは軍命令は無かった」と。。。記されていました。
じゃ~、私があなたから20年前に聞いた・・梅沢隊長の命令があったと聞いた話は嘘だったの?
あれは何だったの?。。私は確かに聞いた・・・初枝さんから直接。。
自決を命令したのは梅沢だと。。。
その時、初枝さんはこう付け加えた・・・
今、梅沢が沖縄に来てるけどそれを村民が知る事となれば私は大変な事になる。
梅沢も死ぬことになりかねない・・だから命令のことも来てることも誰にも話してはいけないよと念を押されました。
どうしてまだ若い私についついそんなことは話してしまったかはわからない。
苦しくて苦しくて誰かに話したい・・・そう思ったとき偶然に目の前に現れたのが私だったのでしょう。。
私は20年間も誰にも話すこと無くそれが真実と胸に秘め生きてきた・・「母が遺したもの」を目にするまでは。。

では、どうして初枝さんは戦後政府の役人の前で命令はあったと証言したのか。。
それはそういわざるを得ない島の事情があったから。。
そういわざるを得なかった初枝さんの気持ち・無念・・それは本人にしかわからないだろう。
誰にも責める・責められることではない。。
まだ、若いひとりの娘の証言が戦後の島復興にかかっていたといっても過言では無いと思います。

では、どうして亡くなる直前になって命令は聞いて無い・・としたのか。。。

それは真実を話すべきだと思ったのでしょう・・
でも、初枝さんの中では・・命令は無かった・・・それが真実なんです。

では、どうして生き証人は命令はあったと言っているのでしょうか。。
それは初枝さんは隊長の元へは一度しか行って無い。。

その後、村三役は再び隊長の元へ行った・・その時命令があったと助役の妹は聞いた。
そして、それを聞いて玉砕の場所へと向かう助役家族を泣き泣き見送った妹がいる。

だから、それぞれの中で真実が違うのだと思います。。

日本軍は自然壕に隠れる島民を自分達が隠れるために追い出したという話も聞いています。
やはり、誰でもわが身は可愛いもの。。。
ある人はスパイだと殺された。。

こののどかな島でこんな悲惨なことが起こったのは事実です。。。
あの日も今日の沖縄と同じように晴れ渡ったいい天気だったのかもしれない

まだまだ私の言葉が足りず?・??・・の方もいらっしゃるかも知れませんね。。
それはごめんなさいという事で・・・・ごめんなさい。。。













スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

忘れちゃいけない
僕らが生まれる前のことだけど、そこで悲惨なことがあったのは事実。
それは絶対に忘れちゃいけないことですね。
いつか世界中の人が平和に走れる日がくるといいね。
のび~ | URL | 2009/01/31/Sat 01:13 [EDIT]
美しい海、空だけど。。。
過去にあった出来事に自分たちは何もできないのがつらいです。ただ、悲惨な出来事を忘れずいることぐらいしか。。。沖縄に行く時は美しい海、空に感動するものいいですが、手を合わせることを忘れてなならないと改めて思います。
びんたろ | URL | 2009/01/31/Sat 07:35 [EDIT]
オモイ・・・・・・・
遠い昔のことのようで読んでいるとつい最近の出来事のようにも・・・
僕の見解は命令は人によって『あった』と言う人と『無かった』と言う人がいるでしょう~~五感で感じたことよりも脳で理解する時も・・・・・・
どちらかと言うことも大事だけどそのような事実があったと言う事が悲しい~
人からも自分からもけして命は絶ってはいけなかったのでは・・・・・・・
僕は沖縄に行った時もハワイに言った時もなぜか涙が出た・・・・・・・
そして今も・・・・・・・・・・・・・・・・・
オグパパ | URL | 2009/01/31/Sat 07:58 [EDIT]
コメントできない
なんかコメントできたらいいんだけど…。
そこまで知識がない無知な自分が恥ずかしい。
今できるのは本の中のお伽噺じゃなくて、「事実」として受け止めることぐらい。

なぜこのようなことが起こったのか。その背景にある戦争。そしてその戦争はなぜ起こったのか。そもそも日本って?
僕はまずはそこから始めんといかん。
じょんさん | URL | 2009/01/31/Sat 09:19 [EDIT]
人の心と言うのは、今も昔も違うものではないのに、胸が締め付けられる思いがしました。
残酷な戦争は・・今も世界で実際に行われている事・・
そして、プリンセスキャンディさんの書かれているような、悲しい事実があった事
私たちに出来ることは、そういう気持ちを語り継いで行く事のような気がします。

どうして、戦わなければならないのでしょうか・・
どうして、傷つけあわなければならないのでしょうか・・
あまりにも、大きな課題ですね。
他国の戦士の方の中には、自分のしてしまった事に、気持ちが着いて行けず、
さまよい歩き続けている方・・自分の気持ちを無くしてしまった方・・も多いと聞きました。
悲しい気持ちを子供達と一緒に話してみようと思います・・
のら | URL | 2009/01/31/Sat 15:09 [EDIT]
先の大戦で多くの命が、犠牲になった
沖縄は米軍の上陸により更に過酷な状況下にあったのも事実

以前沖縄に行った時 多くの場所を見学させていただきました
沖縄の人の犠牲の上に日本の平和があるのも事実

鹿児島からも多くの少年兵が、特攻の名の下に
太平洋に命を散らしました。

今の平和を築いてくれた先人達に、感謝して
今日を生きたい
| URL | 2009/01/31/Sat 19:58 [EDIT]
のびーさん、コメントありがとう。。
先ず、誰かが書かないと誰もかけないと思っていました。
読んでもらえただけでありがたいことです。。
プリンセスキャンディ | URL | 2009/01/31/Sat 20:05 [EDIT]
びんたろ、今年NAHAマラソン走るのかな?
このコース上の半分は沖縄戦でも特に攻撃が激しかった場所です。
平和を祈りながら走ってくれると嬉しいな。。
プリンセスキャンディ | URL | 2009/01/31/Sat 20:11 [EDIT]
オグパパさん・・ほんとに重い内容ですね。
最初は二人だけの会話のつもりでメールを書いたのです。
送信のとこで手違いがあり削除してしまった。
もう一度書くのならブログにしたいと思いそうさせていただきました。
私も書いていてしんどかったです。。
でも、多くの方に読んでほしいと思いました。
わざわざここまで・・・ありがとうございます。。。
プリンセスキャンディ | URL | 2009/01/31/Sat 20:17 [EDIT]
じょんさん、ありがとう。。。

プリンセスキャンディ | URL | 2009/01/31/Sat 20:19 [EDIT]
のらちゃん、この日本は平和なのに今日も何処かの国で戦争が・・・。
ニュースがながれるたびにきついよ。。
命はひとつ・・・
命の尊さ・・・子供達に伝えたいね。。
プリンセスキャンディ | URL | 2009/01/31/Sat 20:26 [EDIT]
米さん、米軍基地入ったことありますか?。。
そこは小さなアメリカなんです。
こちら側から見る金網の役割は・・・この金網があるから沖縄はアメリカから守られている。
でも、基地の中からこちら側を見ると・・金網があるから沖縄が入って来れない。。
全く逆の感覚になりました。。
まだまだ問題は多々ある沖縄です。
基地があるから起こってしまったあの事件・・・多くの県民が集まり抗議集会がありました。。。
でも、ここであの事件について話す事は出来ません・・・胸が締め付けられる思いです。。。
プリンセスキャンディ | URL | 2009/01/31/Sat 20:46 [EDIT]
あの素敵な空・海の沖縄にこんな悲惨な出来事があったんですね~
聞いていても実際に事件を目にした事がない私としてはコメントは控えますが、悲惨な犠牲者の方々の冥福をお祈りしたいです・・・
星峰 | URL | 2009/02/01/Sun 14:23 [EDIT]
星峰さん、読んでいただけただけでいいです。
ありがとうございました。。
プリンセスキャンディ | URL | 2009/02/02/Mon 08:29 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright ©   あの空のむこうに。。。. all rights reserved.