終わりました。。。
私の今季のマラソン・駅伝大会が全て終わりました。。。

楽しかった。。。
嬉しかった。。。
大変よくがんばりました。。。
上出来です。。

走った距離は裏切らない。。。
それも実感できました。。。

こんなにも
上手く走れたのは初めてです。。。

グランドのみんな・・・
cafeのサークル仲間・・・
そしてFC2のみなさん・・・ありがとう。。。

出会えたことに感謝しています。。。

昨日からまた朝練を始めました。。
12月の「ナハマラソン」・・・必ず3時間45分出します。。
その為に去年8月から月間300km走ってきました。

これからは350~400kmの予定。。
週1の記録会。。。
週末のロング。。。
要領よく走って行きます。。。

応援してくださいね。。。
スポンサーサイト
『恋』してますか?。。。
『恋』してますか?。。。
『恋』・・・してください。。。。

必ず・・・強くなれますよ。。。

「誰に恋すればいいですか?」。。。
それは
「あなたにです。。。
頑張っているあなた自身にです。。。」


まだ、気づいてませんか?
自分が・・・
自分に『恋』してること。。。



走ってる自分が好きですか?
黙々と走っている自分・・・
苦しくて、もがきながらも走っている自分・・・
それでも止めようとしない自分・・・

どうして?
きつければ、しんどければ、苦しければ・・・
止めればいいじゃない?

それでも、
あなたは走ることを止めません。
何の得があって?

走りに「損得」は関係ありませんよね

もう、気付きましたか?
それが『恋』です。。。
あなたはあなた自信に恋をしているのです。
だからこそ苦しみやきつさに
耐えることができるのです。

もちろん、私自身も私が好きです。
大好きです。

だからこそ・・・
ゴールのない夢にむかって走っているのです。

そう、思いませんか?


月間300kmの先に有ったもの。。。そしてこれから・・・。
月間300kmの先に有ったもの・・・
それは全てにおいて自己ベスト更新。。。

8月から頑張って走り込んで来た
神様からのご褒美。。

藤田敦史の好きな言葉です。
「神様は確かに存在する
 しかし、神様は死ぬほど
 頑張った人にしかご褒美は与えない」

私が死ぬほど頑張ったかどうかは
私にしか解らない。。。

「300km走れ」と言われて走ってきました。
この練習内容に自信と誇りを持っています。
間違い無かったと確信しています。
8月からの300kmの土台の上に自己ベストがあると思っています。

    過去のベストタイム          5月9日現在のベストタイム

42.195km                         4時間21分(5年前)
ハーフ       1時間53分               1時間43分45秒
20km       1時間45分               1時間38分47秒
10km       50分22秒                48分57秒
10000m     なし                    48分13秒   [1/4 49分54秒]
5000m      なし                    23分37秒
3000m      13分50秒               12分52秒
3km駅伝     13分30秒               12分50秒
1000m      4分05秒                 3分53秒    [2/8 3分57秒]
400m 1分18秒
                        

だから・・・何?って言われたらそれまでですが。。。。
これが300kmの先に有ったものです。
私が掴みたくて、のどから手が出るほどほしかったものです。。。
でも、私のゴールはここではありません。
私のマラソンにゴールはないのです。
疲れ果てて本当に走れなくなったときがゴールだと思っています。

私は今でこそマラソンを通して
主人と出会い日々の生活とマラソンを楽しんでいますが
28歳の時突然前夫に蒸発され・・・
あれから18年・・・そうです。あれから18年もの年月が流れたのですね。
今思い出しました・・・忘れてました。。。(笑)
その人とはその後1度も会ったことはありません。
あれ以来音信不通です。。。公文書偽造罪です。(笑)

あのころは小1の息子とまだ2歳の娘を抱えて
昼は普通に働き、夜はバイトで生計を立てていました。
そんな時私を支えてくれたのが「マラソン」でした。

私はこれからも自分の人生が
価値ある生き方だったと思えるように
ゴールのない夢にむかって走って行きます。。。





   
月間300kmの向こう側。。。
「月間300km走れば3時間台行けるよ。」
いつもそう言われていた。。。

走りたい気持ちはあるが
「うん」とは言えない。
何故なら・・・かなり厳しいとわかっているから。。。

「時間が無い」「忙しい」etc・・・でもそれはいい訳だ。
時間が無いわけはない。忙しいのはみんな一緒。
「寝る時間はあるだろっ?」・・・
その人は言った・・・「人が寝てる間に走りなさい」。。。

もう一人はこう言った。
5000Mどれ位?・・・23分前半では行けます。
じゃ3時間30分で行けるよ。・・・は~ん?まさか~?
毎日グランドでゆっくりでいいから3時間走りなさい。。。

3人目は
里美さんならワンランク上に行けるよっ。。。

そして私は彼らに聞いた。
300km走れば・・・3時間59分59秒で走れるか?
3年後・・・涼子に勝てるか?
そんな私の問いかけに彼らはこう答えた。
「アンタなら勝てるよ」
「君なら出来るよ」

2007年 8月
私は自分の為に
私らしく生きる為に
3時間59分59秒を目指して走り始めた。。。

8月  340km  42時間48分  35回  7分32秒
9月  300km  38時間42分  29回  7分44秒 (貧血でセーブ)
10月 310km  37時間39分  31回  7分17秒
11月 256km  31時間28分  26回  7分21秒 (ナハマラソンの為セーブ)
12月 400km  49時間31分  27回  7分25秒
1月  343km  40時間27分  28回  7分03秒 (5km 20km大会有り)
2月  328km  37時間30分  21回  6分50秒 (ハーフ フル)
3月  300km  35時間34分  24回  7分06秒 (駅伝3km 10km)
4月  160km・・・疲労困憊                (ハーフ 10km 駅伝3km)

これが8月からの走行距離。。。
野口みずきでは無いけれど・・・走った距離は嘘つきませんでした。。。
今、はっきりと見えています・・・2008年 ナハマラソン 3時間45分。



それでも・・・あきらめない。
10km・・・49分59秒
出来そうでなかなか出来ない49分台。。。
走り始めてからの目標である。

2007年 2月
日本陸連公認コース ナゴハーフマラソンで再挑戦。。。

完璧に練習を重ね自信もあった。
手応えもあった。
周囲のお墨付きもあった。

私はスタートラインに付き今日こそはと10kmに挑んだ。
1km地点5分少々・・・おっ、まずまずだ。
3km地点・・・・少し早いが「早めの給水を吉」と考え給水。
それからしばらくすると・・・おなかに異変が。。。。
もしかすると最後までもたないかも・・・そんなことが頭をよぎる。
でもそんなの関係ねぇ~・・・今日は49分だ。
お漏らし?・・・覚悟は出来ている。
5km地点はまだか?・・・そろそろ25分だぞ。
走れど走れど5km地点は見えず・・・26分経過。
そして5km地点・・・27分手前。
「え~っ、なんでぇ~」・・・心の叫び。
これじゃみんなにあえないよ~。。。
とにかく1秒でも早くゴールしなきゃ~。。。

やがて、何の前触れもなくその瞬間はやってきた。
「あっ」と思う間もなく・・・1回チビリ2回チビリ3回チビってしまった。
だが私の心にどうしょうという焦りはなく
このアクシデントに打ち勝つしかないという気持ちだけだった。
とにかく今は49分の事しか頭にはなかった。

でもそこはやっぱり10km。
それなりのスピードだとあせも掻いてくる。
やがて今度はお尻の摩擦との戦いが始まった。
(ここで一言・・・出ちゃったのはごくごく少々で見た目ではわからない)
とにかくかぶれだしてヒリヒリ痛~い。わかります?
かぶれた傷をお風呂で洗うときの痛さ・・・痛いよねっ、あれですよ、あれ。。。
太陽はかんかん、あれをチビってしまうし、お尻はヒリヒリ
呼吸はきついし,脚は疲れてるし、のどは渇くし・・・・
でもそんなの関係ねぇ~。。。今日こそ49分だ。

こんな状況の中で私は最後の最後まで
自分を追い込み走り切った。
有森裕子ではないけど「自分で自分を褒めたい」と思った。
それでも私は・・・あきらめなかった。
やはり最後まであきらめずに良かったと思った。
それは自分の為と・・・49分を待ってる仲間たちに報告したい為に。。。

そして・・・結果は50分37秒。。。見事撃沈でした。(笑)

でも大きな収穫を勝ち取りました。
前半の遅れを後半で粘れたことで、
『どんなに苦しくても我慢して走る』ということを学びました。






夢をあきらめないで」
「夢をあきらめないで」。。。
これは3月のマスターズ駅伝のときに
私を支えてくれた曲です。

駅伝3km・・・目標12分59秒
3000m・・・12分53秒 自己ベストを出したのに
駅伝に赤信号点滅。。。
何ということでしょう・・・大ピンチです。
ペースが上がりません。

大会まであと1週間。。。
もうこうなったら開き直るしかありません。
モチベーションだけの維持で乗り越えるしかありません。

私はわらにもすがる思いで
この曲を録音し朝起きた時点から、
車の中で、食事を作りながら、仕事をしながら、夜寝るまで
「あなたの夢をあきらめないで、強く生きる瞳が好きだわ
負けないように、悔やまぬようにあなたらしく輝いてね・・・」
と来る日も来る日も「あきらめない、あきらめない」と
自分に言い聞かせながら聞き続けました。

そして駅伝当日、移動中のバスの中、会場についてから、
アップを終えても、スタートの直後までずーとっ、
「あきらめない、あきらめない・・・私は出来る必ず出来る」と。。。
自分に言いながら。。。

そしてついにたすきが渡り私は走りだしました。
「あれっ、動いてる・・・脚が動いてる。
よしっ、今日はいけるぞ」というのがすぐにわかりました。
まずはマイペースで入り、徐々に上げていき、最後は粘りに粘り抜いた。。。

結果は12分50秒。。。
見事にスランプから脱出したのです。

やっぱり最後はあきらめないことですね。
私はこの一年この日の為にきつい練習をこなして来ました。
どうしてもあきらめられなかったし、結果を出したかったのです。
頑張ってきた人にしか解らない執念だと思うし
自分を信じることが出来る自信だったのかも知れません。。。

私はこれからも
自分の練習に自信を持って
自分を信じて・・・走り続けていきます。。。




2008年 4月の反省。。。
2008年 4月の反省は・・・月間走行距離160km

一月からの大会続きで非常に疲れを感じていた。
それにしてもいつもの半分以下。。。
でも疲れてる・・・走れない・・・とにかく疲労抜きだ。
休もう・・・休むしかない・・・休んだ。。。

でもそれは間違いでした。。。
さぁ、走るよ。。。「あれっ、身体が動かない?」
なんでぇ~?
1000m・・・ライバルについていけない。。。
5000m・・・23分37秒?なんでぇ~?

博とミーティングだ。。。
「走れないです・・・身体が動きません」
「だろ~  疲れていても身体は動かさないと動かなくなるよ」
「あ~、なるほど。。。」
「疲れているときほどゆっくり走り、筋肉をほぐしなさい」

これで解決。。。
疲れているときは疲れているなりの練習方法がある。
パパとの出会い・・・そして尚子
パパとの出会いは9年前の夏
いつものようにグランドで走っていると
そこへ走友会の仲間が走ってきました。
初めて見る人と一緒に・・・

お互い仲間から紹介されて・・・
「あらっ、いい感じのひとね。」
「おっ、なかなかいいじゃん」
でもそのときはお互い
「家に帰ればいい家庭があるだろうな」と思っていました。

それからすぐに独身同士だと知り・・・
あっという間に・・・結婚しちゃいましたぁ・・・すみませ~ん
人の縁とはどこに転がっているかわかりませんね。
私たちの縁はグランドに転がってました。
(運良く・・・拾えたもんだ〉。。。笑

式を挙げるほど若くはなかったのですが・・・
姑が・・・というので
おきなわマラソンの翌日に挙げちゃいましたぁ。。。
顔はぼろぼろ・・・だったかも。。。

それから2000年6月5日に
パパ待望の女の子が生まれました。。。

名前は「尚子」です。
もちろん高橋尚子の
シドニーオリンピック金メダルと
世界新記録達成を祈願して付けました。。。
今でこそ苦戦中のQちゃんですが・・・
夢を追い続けていることに変わりはありません。
どこまでも果てしなく走り続けてほしいです。

私たちは
この名前に「誇り」を感じています。。。
初マラソン
1992年12月6日 第8回ナハマラソン大会
ここが私のマラソンの原点です。

まず私が始めたのはグランド1周500mからでした。
そのころはまだグランドに友達もなく
マラソンの知識もなく、ただ走るだけの練習でした。
最長距離でも25kmが最高だったと思います。

それからアシックスのシュ-ズとピンクのランパンを買いました。
このランパンはグランドで目立っていたらしく
「ピンク着てたよね」といまだに言われています。

肝心のマラソン大会ですが・・・
ナハマラソンは参加者が多く私がスタート地点を
出るときには13分ほどロスタイムがありました。
中間地点通過は2時間45分
ゴールは5時間13分14秒でした。

さほど大きな感動は・・・なかったような気がしますが
でもマラソンの楽しさは解った様な気がした初マラソンでした。。。




第486回「癒されることって何ですか?」
私にとっての「癒し」はやっぱり走っているときですね。
好きな音楽を聴きながら時間の許す限り走れるのは
私にとって贅沢な時間の過ごし方です。
一人でグランドを走っているときは
全てを忘れられる「癒しの時間」です。。。
Copyright ©   あの空のむこうに。。。. all rights reserved.