走り始めたきっかけ。。。
1992年 私は12月で30歳を迎えようとしていました。

まだ、30年しか生きてないのに凄く人生に疲れていました。
21歳で長男を産み、25歳で長女が出来・・・
その2年後、突然蒸発した夫。。。。

それから半年しか待たなかった。。
それは税金の問題・・・
国民健康保険・・・最高限度額40万。。。
どうやって払いましょうか?
払えるはずもなく、私は離婚届けを出しました。。。
帰らないのが分かっていたから・・・
彼が戻っていった所は前妻の住む福岡でした。。。

それから約2年、昼のパートに夜のお勤め。。。
疲れてました。でも支えてくれる母がいました。
「無理なら帰って来いよ」・・・いつもそう言ってくれます。
だから頑張れました。

やがて20代が終わり、30代を迎えようとした時
私はふと自分の人生を振り返りました。
もし明日この命がなくなるとしたら・・・
やり残したことはないかな?
これだけはどうしてもやっておかなければ後悔することはないか?と・・・
そして、自分に聞いて出てきた答えが『マラソン)でした。。。

疲れ果てていたあの日、あの時に出会ったマラソンだからこそ
私を支えてくれるのです。
あの日、あの時に出会ったマラソンからこそ『価値』があるのです。。


あれから15年の歳月が過ぎました。
私は今日も元気に走っています。
『ゴールのない・・・夢にむかって。。。』
スポンサーサイト
Copyright ©   あの空のむこうに。。。. all rights reserved.